特集記事
新居浜市の大型ごみ有料化とかごみステーション非自治会員利用の話

こんにちは。某自治会の端役員をしている筆者です。以前から話のあった大型ごみの直接搬入と収集の有料化が2022年10月から始まるみたいですね。

あと新居浜市地域環境維持活動支援交付金という非自治会員のゴミステーション利用を認める代わり自治会内人口に応じた補助金が出る制度(単位自治会ごとに申請)も始まっているわけですが、皆さんはこの2つについてどう思いますか?

この記事では新居浜市がゴリゴリ進めているごみ関係の施策について筆者なりの考えをまとめていきます。思っていることをダラダラ書いていくので不快に感じそうな方はこの記事をそっ閉じしてください。

一体どんな内容なの?

大型ごみの有料化について、回覧資料によると

  • 経費、市民負担の軽減 持続可能なごみ処理体制確保のため
  • 清掃センター更新時の規模を縮小するため
  • ごみ処理場が今後他市と集約された際の費用負担増の要因となるため

などの理由でごみを減らす必要があるそうで「ごみを有料化することで市民のごみ出しに対する意識を向上させ、ごみ減量につなげたい」という狙いがあるようです。

そこで様々な算定根拠より直接搬入ごみ1,000円/100kg大型ごみ収集200円/1点が手数料として徴収されるようになるとのこと。

ただ2022年1月に市が実施したパブリックコメントの回答を見ていると、さっそく直接搬入ごみの手数料を500円/50kgに変更するという風に書いてあるので、詳細は今詰めているところみたいです。

というか市のHPを見ていて思ったんですが、パブリックコメントに対する回答を載せてるページに計画案の資料のリンクも併せて貼っておかないと、何について市民が意見しているのか分かりにくいですよね。過去に開示されたであろう資料のページは削除されてる(2022/2/23時点)し・・・不透明な感じキモチワルイ。

まず街を綺麗にしてよ

この件について筆者の身の回りでも

  • 他の市もやってるし妥当だろう
  • 不法投棄が増えるのでは?
  • ゴミが有料化されるなんて考えられない
  • 手数料の金額は適正なの?
  • 今後家庭ごみも有料化されるの?

など様々な意見が出ていました。ちなみに家庭ごみについても過去の開示資料によると有料化検討が計画に入っているようです。

この話を聞いた当初、手数料の金額うんぬんは置いておいて筆者は「別に有料化しても構わないかな」と感じました。

ただね!

それ以前にもうちょっと街を綺麗にしてからそういうことを言うてくれや!!!と思うわけです。

※市役所にお勤めの皆さんをDISってるわけじゃありませんので悪しからず。市民のためにいつも頑張っていただきありがとうございます。

 

道路に溜まった粉々のガラス片、溶けて鳥の糞みたいにこびりついた煙草の吸い殻、草ボーボーの緑地帯、景観ガン無視で刈り込まれた街路樹、不法投棄だらけの山道、作ったはいいが維持管理が雑でゴミだらけ&荒れ放題の市内施設の数々。ごみ出しがタダじゃなくなってこの状況が今より良くなることは絶対無いですよね。

「市民にゴミを減らそうという意識を・・」というのなら、それと同時、いや先行して「街を綺麗にして市民の環境維持意欲を高めよう」という取り組みもぜひやっていただきたいです。

ボランティアに頼るとか啓発イベントを開催するとかではなくちゃんとお金と人をかけて「目に見えて綺麗になった」と感じられるように。

道路なんか色んなものが落ちまくってて、筆者はここ2年で自転車と原付合わせて8回パンクしてるんですが、これは市に修理代請求してもいいんでしょうか?(笑

地域環境維持活動支援交付金

意外と筆者の周りでは話題に上がっていませんが、ゴミに関連する新たなルールとして「新居浜市地域環境維持活動支援交付金制度」というものがすでに施行されています。

前段でも書きましたが、こちらは自治会が管理するゴミステーションを非自治会員が利用することを認める代わりに自治会内人口に応じた補助金が出る制度(単位自治会ごとに申請)です。この制度については一度市の説明を聞く機会があったのですが

  • 非自治会員のゴミステーション利用は現状黙認されている状態
  • 自治会が非自治会員に歩み寄りの姿勢を見せることで自治会加入を促したい
  • 利用に関して常識の範疇で利用料金を設定しても良い
  • 世帯の把握や利用料の徴収は単位自治会で行う

といった内容。「自治会が非自治会員に歩み寄りの姿勢を見せることで自治会加入を促したい」とは言ってますが、話を聞いていると

市役所員
現在も黙認状態のようですし、お金は出しますんで引き続き自治会でゴミの面倒は見てください。あとは知りませーん。

と、捻くれな筆者はそう言われているように感じたので、最近のSDG's流行りに乗っかって

えすひろ
この制度によって自治会のどのような姿、数値的な水準を目指そうとしているのか具体的に教えてください

みたいなことを質問したのですが、まともな回答は得られず。

なんのためにやるの?って感じです。

「既にごみは好き勝手捨てられているし、管理・徴収する馬力もない。それに自治会運営もひっ迫してるから・・・」と考えるところはこのお金を渋々受け取らざるを得ませんし、いざ管理費を徴収しようと自治会が非自治会員に話を持っていけばご近所同士で大揉め間違いなしでしょう。

何か明確な道筋を示していただければ納得もできたと思うのですが、頭の悪い筆者は新居浜市が地域コミュニティを破綻させようとしているようにしか感じられませんでした。

そもそも自治会ってゴミだけじゃなく自分の住んでいる地域を良くするためのものであって、そのためにお金と人を募って様々な活動をしてるんですよね?(間違ってたらゴメンナサイ)

地区内に何かを設置するときだって補助金をもらいながらも自治会からお金を捻出しますし、それらを遂行するためには自治会内でも多くの手間がかかります。みんなが嫌いな下水清掃だって豪雨時の防災のためにやってるわけです。ごみに関しても分別できていないものは分け直したり市に連絡して回収に来てもらったりしています。

そうやって自治会の皆さんが色々苦慮している中でのこの制度はとりあえずお金出します感が凄くて驚きました。

もちろん自治会に入らない方にも

  • 歳をとって役職が回ってきてもできない
  • 忙しくて自治会活動に参加できない
  • 経済的理由

など様々な理由があり、そういった方たちの意見も取り入れて市政は行わなければならないものだと思いますが、こんなんじゃ自治会内の悩みや揉め事の種が増えるだけですよね・・・

自治会がなくなったら

極論を言ってしまえば「お金があるなら、市に全部世話してもらえば自治会なんていくら衰退しても構わないんじゃないの?」という話なんですが、そうすると新居浜の場合は「新居浜太鼓祭り」という街最大の魅力を失うことになりますよね。

こういう場面でお祭りの話を出すと

  • 太鼓祭りは観光資源ではない
  • 好きな人だけで協力して続けられる
  • 神事なのだから静かに厳かに続ければ良い

と反射的に口にする人がいます。たしかに全てその通りだと思うのですが、そのようなお祭りになってしまったとして、新居浜市民は今までのように祭り好きでい続けられますか?と筆者は毎回思うわけです。

他所の太鼓台の名前を知らなくても、自分の太鼓台の飾り幕の図柄が何か分からなくても「私は〇〇太鼓台が好き」「お祭りになるとワクワクする」「新居浜のお祭りは凄いんよ!」と言えるくらい老若男女様々な層に広く浸透しているのが新居浜太鼓祭り最大の魅力だと筆者は考えています。

現在は市内ほとんどの太鼓台が自治会所有のものであり、地域コミュニティの衰退は新居浜の魅力の低下に直結するのではないでしょうか?

このサイトを始めた理由の一つに「新居浜は祭り以外エエとこないよ」みたいに謙遜する人を減らしたいという思いがあるのですが、なんやかんや言っても新居浜市最大の魅力はお祭りです。新居浜市にはその辺もう一度よく考えていただきたいなと思います。

話が反れたついでにもう一つ言っておきたいのですが、最近の新居浜市はかなり移住者偏重なのかなと。色んなことをやっていますが、まずは今住んでいる人が「自分の街が好きだ」と言えるまちづくりに力を入れてほしいです。大人たちがそう言えるようになれば若者たちももっと新居浜に残ってくれるのではないでしょうか?

最後に

世帯主となり自治会活動に役員として携わってみて、本当に皆さん地域について一生懸命考えているんだなと感じたと同時に、今回のごみの件で「こういった想いは新居浜市にちゃんと届いているのだろうか?」と不安になったので記事にしてみました。

もしかして「持続可能な社会」のために新居浜太鼓祭りや地域コミュニティはすでに切り捨てて考えられているのでしょうか?もしそうだとしたら嫌ですね。

5,6年前から世の中SDG'S、SDG'Sってやかましいですが、「持続可能な〜」とか文言に入れるだけなら鬱陶しいだけで意味ないですよね。

ダラダラ書いた駄文でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

筆者は新居浜の地域コミュニティができるだけ長い間今の状態を維持できるよう願っています。

ご当地Vtuber新居めぐり活動再開!

愛媛県新居浜市のご当地Vtuber「新居めぐり」が活動を再開しました!

今後とも温かい応援よろしくお願いいたします!

めぐり
チャンネル登録よろしくね♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事