特集記事
第49回衆議院議員総選挙 愛媛3区アツいやん!投票行こうぜ皆の衆!

もうすぐ投票日!

こんにちは。「将来議員になったろかしら」なんて勝手に妄想している者です(嘘ですゴメンなさい)。2021年10月31日、いよいよ第49回衆議院議員総選挙の投票日ですね。我らが新居浜市、西条市、四国中央市の3市からなる小選挙区「愛媛3区」は前職と新人の一騎打ち。皆さんはどの候補者・政党に投票するか決めましたか?というかそとそも投票に行きますか?

この記事では衆議院議員総選挙とは何か?どうやって投票する人を決めれば良いのか?愛媛3区は誰が出馬しているのか?などを出来るだけ客観的かつフラットに紹介していきます。記事を読んで選挙への興味・関心が湧く人がいれば嬉しいです。ぜひ最後までご覧ください!

衆議院議員総選挙とは?

衆議院議員総選挙は小選挙区比例代表並立制で行われる、全国で衆議院議員全員を選ぶ選挙です。衆議院議員の定数は465人で289人が小選挙区、176人が比例代表で選出されます。

小選挙区選挙は全国を289の選挙区に分け、1選挙区から1人を選出する選挙です。愛媛県は4つの選挙区(四国最多)に分かれており、我らが新居浜市は西条市、四国中央市とともに愛媛3区という選挙区に含まれています。

比例代表選挙は全国を11のブロックに分けて選挙区ごとに支持政党を選ぶ選挙で、政党ごとの得票数に応じて当選者が決まります。私たちの比例代表選挙区は四国ブロックで、当選する議員は6人です。

さらに投票所では同日に最高裁判所裁判官国民審査が行われます。やめさせた方が良いと思う裁判官に「×」印を記入(罷免可 クビにしていいよ!)して投票し、罷免可が罷免不可の票数を超えた場合、その裁判官は罷免(ひめん)されます。

投票の有効と無効

今回の選挙では、投票所で3枚の用紙を渡されます。小選挙区選挙用投票用紙と比例代表選挙投票用紙、もう一つは最高裁判所裁判官国民審査用紙です。

それぞれに必要な事項を記載して投票箱に入れるのですが「小選挙区で立候補している〇〇さんは頑張っているので応援したいけど、支持できる政党はないな〜。」「この政党を支持したいけど、小選挙区の立候補者はイマイチ応援できないよ・・・」と感じている人はどうすれば良いのでしょうか?

そういう場合「白票を投じる」のも一つの手です。

投票所に行くと会場には書き方の例などが掲示されており、なんとなく全ての用紙に何か書いて出さなければならない雰囲気を醸し出していますが、決してそうではありません。白票は当然「公職の候補者の何人を記載したかを確認し難いもの(小選挙区)」「衆議院名簿届出政党等のいずれを記載したかを確認し難いもの(比例代表)」に該当するため無効票となりますが、投票としてはカウントされます。

また例として小選挙区選挙の投票用紙に候補者の名前を正しく記載し、比例代表選挙の投票用紙を白票で投票した場合、比例代表選挙の投票は無効となりますが、小選挙区選挙の投票は有効となります。

近年この白票が「選挙権の放棄」と問題視されることがありますが、白票は「政治への関心がある」という意思表示にはなりますし、将来投票率上昇とともに白票の割合が増えていけば政党や候補者は「政治の在り方」について考え直す必要も出てくるでしょう。

ただ直近の未来のことを考えた時、白票を投じるという行為が勿体ないのは事実。所属政党や派閥の考え・各課題への候補者の意見等、様々な情報を見ていると頭がこんがらがってきますが、国会議員は日々ニュースで取り上げられる国家・外交の課題を議論・解決するだけでなく「地域の声を国政に届ける」という大きな役割も担っているので、単純に「自分の街のために頑張ってくれそうな人は誰なのか?」くらいは考えた方が良いのかもしれません。

公職選挙法違反について

公職選挙法違反と聞くと候補者や政党関係者にしか関わりのない話のように感じますが、実は一般の有権者も公職選挙法違反になる恐れがあります。

誰でも気軽に情報を拡散できる現代社会において、ついやってしまいそうなのが「18歳未満の選挙活動」、「投票日当日の選挙活動」、「電子メールを使った選挙活動」、「候補者への誹謗中傷」です。改正されてはいますが公職選挙法自体が1950年にできた法律で、現代社会に則していない部分が多くあるため注意しましょう。

18歳未満の選挙活動

若いうちから政治に興味・関心を持つのは素晴らしいことですが、18歳未満の選挙活動は法律で禁止されています。SNS等で「〇〇さんに投票しよう!」という投稿をしたり、そういった投稿をシェア・拡散する行為は選挙活動に該当するので気をつけましょう。

投票日当日の選挙活動

投票日当日の選挙活動は満18歳以上であっても禁止されています。投票日当日に「候補者の〇〇さんに投票した。」と投稿したり、特定の候補者・政党への支持を促す投稿をシェア・拡散してはいけません。

※投票日以前に投稿したものがネット上に残っているのは問題ないようですが、当日に更新・編集することは禁止されているようです
※ただ単に「投票に行ってきました!」など特定の候補者への支持を表明するものでなければ問題ないようですが、過去に特定の候補者・政党への支持を表明している人が同様の投稿をした場合は違法になるようです

なお、投票日当日の20時以降は自由に発言することが可能になりますが、そもそも選挙活動をして良いのは選挙の公示・告示日から選挙期日の前日までなので内容には十分注意しましょう。

電子メールを使った選挙活動

電子メール・携帯SMSおよびメルマガ・メーリングリスト、WEB広告やWEBサイト印刷物の配布を用いて選挙活動をしてはいけません(電子メール・携帯SMSを用いた選挙活動は、選挙種別によって政党や候補者が行うことは認められています)。ただしHPやブログ、LINE等のチャットアプリはこれに該当しないため、ルールを遵守すれば活用しても問題ないようです。

候補者への誹謗中傷

候補者への誹謗中傷はもちろん公職選挙法で禁止されています。というかネットで人の悪口を一生懸命書く人はアホです。事実を摘示し心ないことをせっせと書いているそこのあなた。時間の無駄ですから自分のためにその時間を使いましょう

投票先を決めるポイント

「投票に行こうと思うけど、何を基準に投票先を決めれば良いかわからない」という人は下記を参考に候補者や政党を照らし合わせ、投票先を検討してみてはいかがでしょうか?

発信力のある人を選ぶ

全国ニュースで流れてくる国家の課題や国際問題、全てに自分の考えを持って投票先を決めるのは大変です。上で少し触れましたが、単純に「地元の声を国政にしっかり届けてくれそうな人」を選ぶのも一つの手段だと思います。「信用できそう・この人なら私たちのために頑張ってくれそう」といった人柄を見て候補者を選ぶのは割と簡単です。

関心のあることに焦点を絞る

候補者や政党の意見は多種多様です。考えが全て一致する候補者が自分の選挙区から出馬する可能性は限りなくゼロに近いので、自分が関心の強い話題をいくつか選び、それに対して近い意見や考えを持っている候補者や政党に投票するのもアリだと思います。候補者や政党の意見というのは違うように見えて実は目指すところは同じだったりするので、大抵の場合「目標への道筋」を選択するような感じになるのかなと筆者は考えます。

事前の候補者アンケートなどで基本的な考え方や方針を知り、関心のある事柄について「なぜそのような考えなのか」各候補者のHPや過去のインタビューで調べてみるといいかもしれません。

悪者を作るのは賢明ではない?

政治の話になると決まって過激な言葉を使い多くの人を扇動しようとするヤツが現れますが、「あっちが悪者だからこっちに投票しよう!」みたいな投票の仕方はあまり良くない気がします。そういう選び方をすると投票した候補者への関心は低いままなので当選後、その人がどれだけ公約を実現したのか注視できないからです。

結局のところ候補者や政党について自分なりに調べてみて「この候補者・政党のこういう考え方に賛同できる!応援したい!」という人に投票し、その後その人の活動にしっかり注目していくのが良いのではないかと思います。

愛媛3区の候補者

第49回衆議院議員総選挙愛媛3区は前職の白石 洋一さん、新人の井原 巧さんの一騎打ち、ニュースによると愛媛県で一番激戦の選挙区のようです!アツい!

白石 洋一

白石 洋一(しらいし よういち)さんは1963年6月25日生まれ、立憲民主党、愛媛3区で当選2回の前職候補者です。東京大学法学部卒業、カリフォルニア大学バークレー校経営大学院(MBA)修了の超高学歴な人。銀行員としてニューヨークに転勤後、銀行の破綻をきっかけに監査法人に再就職、その翌年現地で遭遇した9.11事件をきっかけに政治家への転身を決意したとのこと。1996年の小選挙区比例代表並立制導入以後、自民党候補者が独占していた小選挙区の議席を初めて奪い取った人としても有名です。

井原 巧

井原 巧(いはら たくみ)さんは1963年11月13日生まれ、自由民主党(清和政策研究会 通称細田派準会員)、愛媛県議会議員当選3回、四国中央市長当選3回、参議院議員当選1回の新人候補者です。祖父は衆議院議員を8期務めた井原岸高さん、祖父の代から続く井原工業の社長 井原伸さんとはいとこに当たり、調べれば家系図も出てくる四国中央市の超エリート一家の方です。大学卒業後、旧愛媛1区の衆議院議員だった関谷勝嗣さんの秘書を務め、そのまま政治家としての道を歩んでいます。

関連サイト

最後に

今回の愛媛3区はなんだかすごくアツい気がして、非常に注目している筆者なのでした。

こないだの市長選挙の投票率がめちゃくちゃ低かった新居浜市、今回はどうなるでしょう?楽しみですね!最後まで当記事をお読みいただきありがとうございました!

ご当地Vtuber新居めぐり活動再開!

愛媛県新居浜市のご当地Vtuber「新居めぐり」が活動を再開しました!

今後とも温かい応援よろしくお願いいたします!

めぐり
チャンネル登録よろしくね♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事