特集記事
太鼓台動画はスマホで撮れ?スマホカメラの特徴&ポイント紹介

こんにちは。えすひろです。

新居浜市内にお住まいの皆さん、そして新居浜太鼓祭りが好きな皆さん、太鼓台の写真や動画って撮られますか?

最近スマホのカメラ性能が格段に上がってきたため、誰でも綺麗な写真や動画を撮れるようになってきました。

また、秋祭り以外で太鼓台を見ることのできる機会が増えたため、本格的なカメラを使って太鼓台を撮影される方も増えてきたように感じます。

えすこ
あなたもそうだけど、秋祭りで自部落の太鼓台が出てるときは撮影どころじゃないもんね。

えすひろ
太鼓台はやっぱり舁くのが一番楽しいよ!でも写真や動画を撮るのも好きだから、イベントで太鼓台が出てるときはデジカメ持っていって上手に撮りたいなって思う!

ただ、カメラで太鼓台を綺麗に撮るのって難しいですよね。

この記事では新居浜太鼓祭りの撮影でスマホカメラ(iPhone)が優れている理由、美しい動画が撮れるポイントについて紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください!

えすこ
待て待て。あなたそんなに撮影上手くないだろ。

えすひろ
まぁまぁ・・・知り得たことのメモも兼ねて。ね?
こんな人に読んでほしい!

  • 新居浜太鼓祭りが好き
  • 太鼓台の動画を綺麗に撮りたい
  • iPhoneへの機種変更を検討している
  • スマホでどれくらいの動画が撮れるか知りたい

新型コロナウイルスの感染拡大について

新型コロナウイルスの感染が拡大しています。

風邪のような症状がある場合は外出を控えたり、マスク着用、咳エチケット、手洗い・うがいの徹底など各自体調管理に努められますようお願い申し上げます。

対応に関する詳細は厚生労働省HPをご覧ください。また、市内施設の利用可否・イベントの開催中止情報については「新居浜市新型コロナウイルス感染症対策本部」のページよりご確認いただけます。


健康増進法改正について

2020年4月より改正された健康増進法が全面施行されます。

店舗により、喫煙ルールの変更や20才未満の入店制限がかかる場合がありますのでご注意ください。

登場人物紹介

めぐり
愛媛県新居浜市のご当地バーチャルレポーター。YouTubeチャンネル「新居浜BuzzTV!」では、動画で新居浜の魅力を発信しています。

えすひろ
新居浜BuzzSpot!管理人。「新居浜を日本で一番熱い街に!」がモットー。地元新居浜をバズらせたいという思いを込めて、市内のホットな情報を紹介していきます。

えすこ
管理人の妻。週末家族でお出かけするのが好き。出身は松山なので新居浜のことはあまり詳しくない。

ブログランキング参戦中!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

最新のスマホ(iPhone)が凄い

まず大前提として、技術やこだわり、機材にかけるお金があればスマホカメラよりもデジタル一眼カメラやビデオカメラの方がはるかに美しい動画撮影が可能です。

例えばこちらのsin2627さんの動画は、パナソニックの4Kビデオカメラ一本(手持ち・標準マイク)で撮影したものを編集しているそうです。

様々なアングルや距離感、フォーカス調整などを駆使して撮影した動画は本格的な仕上がりですよね!

さらにこちらのdaikiさんの動画は、デジタル一眼カメラを3軸ジンバルに載せて撮影したもの。

デジタル一眼カメラならではの高精細さと、ジンバルの高さ・手ブレ補正力を活かしたスムーズな映像がめちゃくちゃカッコ良いです。

しかし冒頭でも紹介しましたが、近年はスマホのカメラ性能が格段に上がってきており、僕がずっと使っているiPhoneに限って言うとiPhoneXS、iPhoneXR以降の急激な進化は目を見張るものがあると思います。

4K解像度での動画撮影はもちろんのこと、太鼓台撮影時に特筆すべきポイントが多数ありますので、iPhoneXS、XR以降のiPhoneを基準に一つずつ見ていきましょう。

4K動画撮影中に8MP写真撮影可能

iPhoneは4K動画撮影中の8MP(4K相当)写真撮影が可能です。

デジタル一眼カメラ、ビデオカメラの中にもこれが可能な機種はありますが、ハイエンドモデルでないと写真の解像度がガクッと落ちるため使い勝手としてはイマイチ。

しかしiPhoneであれば動画撮影中にここだ!と思う場面を高解像度でバシバシ切り取ることができます。

iPhone11Proで撮影した動画

そのとき撮影した写真

えすひろ
シャッタースピードが触れないから房がちょっとブレちゃってるけど、まあ許容範囲かな?

全然手ブレしない

太鼓台は移動や方向転換の多い被写体であり、撮影者は常に動き回らなくてはなりません。

さらに大勢の観客をかき分けての動画撮影は相当な手ブレを誘発します。

手ブレ補正機能がよく分かる動画がコチラ!

上の動画はiPhoneXRで撮った映像とデジタル一眼カメラ(手持ち)で撮った映像を組み合わせたものです。

画質を見ればデジタル一眼カメラで撮影した部分は一目瞭然かと思いますが、デジタル一眼カメラで撮った映像はブレが酷いですよね。

めぐり
デジタル一眼カメラで動画撮影する場合、三脚を使って定点撮影するか、ジンバル必須ですね♪

【国内正規品】DJI RONIN-S 一眼/ミラーレス用ジンバル

最近の家庭用ビデオカメラにはとても優秀な手ブレ補正機能が付いていますが、iPhoneの手ブレ補正機能はそれに引けを取りません。

夜も明るく撮れる!でも・・・

iPhoneは夜間でも自動で素早く露出を補正し、明るく鮮明な映像を撮影可能です。

太鼓台の提灯、かき棒に取り付けられた投光器の明かりがあれば十分綺麗に撮れます。

ですが、会場全体を照らすためのナイター照明や街灯はiPhoneのカメラには致命的です。

iPhoneXSで撮影した動画

上の動画を見て分かる通り、仮設ナイター照明が写り込んだ際に対角となる位置にゴーストが発生しています。結構不自然な感じです。

強力な露出補正機能の弊害でしょうか?それともレンズの小さいスマホカメラの宿命でしょうか?

旧来のiPhoneカメラではあまり気にならなかった現象です。

ちなみにこのゴーストは、使用前にレンズカバーを綺麗に拭いておくことである程度改善します。

また撮影時の感覚ですが、iPhoneXRのレンズやiPhone11、11Proの広角レンズだとゴーストが発生しにくい気がします。

iPhoneXRで撮影した動画

iPhone11Pro(広角レンズ)で撮影した動画

低音をよく拾うマイク

iPhoneXS、XR以降の機種が大変優れていると感じる点の一つにマイクがあります。

太鼓台から出る音は高い笛の音から低い太鼓の音まで幅広いですが、デジタル一眼カメラや家庭用ビデオカメラの標準マイクは指揮者の吹く笛の音ばかりを拾ってしまい、肝心の太鼓の音が綺麗に録れないものが多いです。

それに対しXS、XR以降のiPhoneのマイクは低音をよく拾うこと拾うこと。

撮影時の手の位置も作用して風の音も比較的入りにくいのが特徴です。

iPhoneXRで撮影した動画

めぐり
やっぱり生の音が一番ですが、大まかな音の違いを聞き分けられる程度には綺麗に録れていると思います♪あと、房がなびくくらいの風が吹いていますが、風音は気になりませんよね♪

持ち運びやすさ、扱いやすさはピカイチ

皆さんが太鼓台の動画撮影をするとき、どんな姿をカメラに収めたいですか?

差し上げているところ、綺麗に房が割れているところ、太鼓台が宙を舞っているところ、様々だと思います。

しかしどんなに舁くのが上手な太鼓台でも、ベストな瞬間というのはごく僅かです。

iPhoneなら撮影準備に要する時間はデジタル一眼カメラ、ビデオカメラに比べて大変短く、ピントも合わせたい場所にタッチするだけで素早く調整できます。

また、一般的なデジタルカメラにはない耐水性能(浸水故障は保証対象外なので注意!)があるので雨の日の撮影も苦になりません。

最後に

いかがでしたか?皆さんもぜひ素敵な動画を撮影してみて下さいね。

最後まで当記事を読んでいただき、ありがとうございました!

注意事項
当ブログで紹介している店舗・団体や商品およびイベント・生活に関する情報は記事投稿当時のものです。最新情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。

ご当地応援萌えキャラグランプリ2019総合2位!

愛媛県新居浜市のご当地バーチャルレポーター「新居めぐり」が、ご当地応援萌えキャラグランプリ2019(ごともえGP2019)で総合2位になりました!

YouTubeチャンネル「新居浜BuzzTV!」で、地元新居浜を盛り上げるべく頑張りますので今後とも応援よろしくお願いします!

めぐり
チャンネル登録よろしくね♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事